メインイメージ

中国語が飛び交う

中国語が飛び交う飲食店に転職する

銀座・秋葉原など都内では中国語が飛び交う家電店、ドラッグストア、ディスカウントショップも増えました。店員さんは中国人なのか、バイリンガルな日本人かわかりませんが日本人には日本語で、また中国人には中国語に切り替え対応がスピーディです。来日した中国人は日本の製品を事前に良く調べており、必要なメモを用意して来店してきます。

帰国日までに買い揃えたいものをチェックし、店員さんは1つ1つ質問に答えています。せわしない中国人を納得させられるだけのコミュニケーション力が要求されます。整体店、中華街でも日本語が堪能な中国人スタッフが多いですし、中国人が経営しているお店も多いです。中国人は勿論、中国語の話せる日本人ならばすぐ転職可能です。

最近では中華街でなくても全国的な飲食店、家電店、ディスカウントショップ、PCサポートセンターにも中国人スタッフの活躍がめざましいです。それだけ中国人が日本へ来日しており、またバイリンガルで優秀な人材を必要としているのです。そして飲食店でも中国語が通じれば安心して日本の食文化を堪能できます。海外のお客様対応を視野に入れた企業転職ならば語学力は必須となるでしょう。

もし日本語と中国語ができるならば転職する際、どのお店でも需要が広がります。転職を繰り返していると飲食店でのルールは各会社様々なマニュアルがあり、一通り覚えるまでは大変ですが、中国人とのコミュニケーションがスムーズなら少しずつ技術を学び重宝されることでしょう。飲食店では特にLUNCHタイムや夕飯の繁盛する時間帯を回転よくこなしていける融通の良さ、気配りなど、どの業種でも同じで転職経験の有無が逆に生かされる場合もあります。

中華街で見かける中国人スタッフは、サービス精神をあまり感じず、お客なのに怒られたような後味悪い思いをすることが多々ありますが、日本企業内で働く中国人スタッフは、社内教育されているのでサービス精神に溢れ、また来たいと思わせる感じの良いスタッフが多いです。日本人と変わりません。転職で受け入れられる側も、受け入れ側も気持ちよく働ける環境作りがなされていれば、企業業績は必ず伸びていくでしょう。

ラーメンは元々中国から伝わったものですが日本のラーメン文化を取り上げられたり、日本人が騒がないことでも、中国人たちの目に留まることによって何か新しいブームとなって湧き上がる可能性も大です。また将来的には中国本土でも日本の良さ・技術を伝えてくれる伝道師ともなるでしょう。”