メインイメージ

中華料理店への転職

中華料理店への転職に関する飲食店の厳しさ

飲食店への転職を考えている人は非常に多いです。と言うのも、飲食店の転職先と言うのは非常に多くあるからです。その分、採用率も高くなり早く仕事に就くことができ、安定した収入を得る事が出来るでしょう。飲食店の業務と言うのは大きく分けて2つあります。接客と厨房です。接客に関しては、注文の受付、レジ業務など、主にお客さまと接する機会の多い仕事です。

それなりの笑顔とハキハキとした口調が必要になる業務です。一方、厨房に関しては、お店の種類や規模によっても変わってきますが、ほとんどお客さまとは直接接する機会と言うのはないでしょう。特に、飲食店の中でも中華料理店への転職を考えている人の場合、非常にその技術が問われることが多くあります。特に、中華料理店の厨房への転職と言うのは、未経験で採用されると言うのはあまりありません。

ほとんどが経験者であり、ある程度の技術を兼ね備えた人となる傾向にあります。中華料理店の厨房と言うのは、非常に忙しいです。忙しさゆえ、全くの未経験の人を採用したとしても一から教えて一人前に育て上げると言うのはとても難しいと言う理由があります。また、非常にスピードを求められる職業でもあります。特に、昼時や夜などは人気店と呼ばれるお店は特にお客さんの数が非常に多いです。

お客さんを待たせてしまうのも申し訳ないですし、何よりもお客さんの回転数を増やさなければ店の売上に非常に影響してしまいます。また、お客さんを待たせてしまう事は、それ以降の集客力の低下に直結してしまいます。また、中華料理と言うのは、非常に繊細な料理です。ちょっとした事で味が変わってしまいます。それもお客さんを減らしてしまう原因になってしまいます。

こう言った様々な理由もあり、未経験者を採用することは非常に稀となっています。しかし、未経験者でも働く事は可能です。まず、接客業から初めて、徐々に時間のある時を狙って厨房の仕事を覚えていくと言う方法です。その場合、営業時間内で覚える事は難しいです。ですので、営業が終わった後、残業して覚えるしかありません。

店の方針にもよりますが、新しい人材を育成するために、営業時間が終わった後にそのような研修を行っている店舗もあります。出来れば、そう言った研修制度がしっかりしているチェーン店などに転職をする事で、中華料理の厨房の基礎を少しずつ学んでいくチャンスを掴むことが出来る可能性はあります。”