メインイメージ

中高年が飲食店へ

中高年が飲食店へ転職する際に求められるもの


転職を考える年齢と言うのは、決して若い世代だけではありません。40代、50代においても転職をする方と言うのはかなりの数です。リーマンショックが発生した後、企業の業績は一気に落ち、リストラはもちろん、就職や転職を考えている人に非常に強い向かい風が吹きました。特に、中高年と呼ばれる世代にとっての転職は非常に厳しいものがあります。

若年層でも転職が厳しい時代です。中高年に求められる条件と言うのは非常に高いレベルのものだと言うことを覚悟しておかなくてはなりません。特に飲食店へ転職を考えている中高年ですが、まず基本的に飲食店の経験があればベストです。飲食店の仕事内容にもよりますが、調理スタッフの場合には、経験者優遇と言う場合が非常に多く、残念ながら、未経験者を採用すると言うケースは稀です。

また、接客スタッフの場合には、やはりその性格、人柄の良さが要求されます。ある程度社会経験がある世代になりますので、性格や人柄の面ではそれ程問題はないように思われると思いますが、実は、社会でそれなりの経験がある為にどうしても態度が横柄だったり、口調が荒かったりと、何かしらの問題を抱えている場合があります。それは、面接の場で発覚する場合がほとんどです。

そして、体力的な問題もあります。基本的にほぼ立ち仕事だと考えておいた方が良いでしょう。少しずつ慣れてはきますが、やはり若い世代に比べて体にガタが来やすいです。また、年齢的な問題としては、店長よりも年齢が上である可能性も高いと言うことです。飲食関係の仕事と言うのは平均年齢が低い傾向にあります。

ですので、店長と言っても中高年と呼ばれる年齢からすると、非常に若い世代であることが多いです。そうなると、店長としてもどうしても仕事を一緒にしにくいと言う事になります。しかし、それは面接の場でしっかりと伝える事で、理解される場合が多いです。仕事ですので、年齢は一切関係なく、割りきって仕事をすると言う気持ちを面接の場で伝えることで、より好印象を与える事が出来ます。

また、休みがシフト制であることがほとんどだと言う事もあります。30代、40代ともなると、結婚もし、子供も数人いることが多いです。となると、土日祝日などはお休みを取り家庭サービスをしたいと思う中高年も多いでしょう。しかし、飲食の場合、土日はどちらか、もしくは両方出ないといけないケースが多いので、家庭サービスを充実させたいと思う人にはおススメできません。”